マナラホットクレンジングゲルに含まれてる成分を調査!どんな肌質の人に向いている?

マナラホットクレンジングゲルに含まれてる成分を徹底的に調査してみました!どんな肌質の人に向いているのでしょうか?
MENU

マナラホットクレンジングゲルに含まれてる成分を調査!どんな肌質の人に向いている?

マナラホットクレンジングゲルに含まれてる成分を調査!どんな肌質の人に向いている?
テレビのCMでもよく見かけるマナラホットクレンジングゲル。
毛穴汚れを落とす洗浄力と使用感が好評です。
多くの成分が用いられていますが、それぞれがどんな働きをしているのかを見ていきたいと思います。

 

マナラホットクレンジングゲルの成分を徹底調査!

 

グリセリン…生物の体に存在するアルコールの一種。多くの食品、化粧品、薬品にも使われる。主に保湿の効果がある。

 

トリエチルヘキサノイン…油分の一種ながら軽くサラリとしていて様々な化粧品に使われます。膜を作って水分の蒸発を防ぐ保湿成分です。

 

オリーブ果実油…オリーブ果実を絞って抽出される油分で、保水力に優れ肌を柔らかく保って水分の蒸発防いで保湿します。

 

ステアリン酸グリセリル(SE)…油性が強い界面活性剤ステアリン酸グリセリルに水に溶けやすくするモノ脂肪酸グリセリルを配合した界面活性剤。高い乳化作用を持っていて、洗浄や乳液などスキンケア用品に多く使われています。SEはSelf-Emulsifyingの略で自己乳化型の意味です。

 

アーチチョーク葉エキス…キク科植物の葉の苦味成分で、メラニン色素の生成を抑えて毛穴を目立ちにくくします。

 

メドウフォーム油…メドウフォームの種子から抽出される油脂で、肌や髪の保護・保湿・柔軟効果を高めるスキンケア用品だけでなく、マッサージオイルにも用いられる。

 

パパイン…パパイヤに含まれるタンパク質分解酵素。古い角質を取り除いて汚れを落として肌を滑らかにします。クレンジング、洗顔フォーム、パック、化粧水、台所洗剤など化粧品以外にも多くの用途で使われています。

 

プロテアーゼ…タンパク質の分解酵素で酵素洗顔料やピーリングフォームに用いられます。
角質の汚れを分解して落とします。

 

α−アルブチンテトラヘキシルデカン酸アスコルビル…βアルブチンの後に開発された美白剤で、高いメラニンの生成阻害効果を持ちますが、ハイドロキノンよりも効果が穏やかで肌に負担が掛かりません。

 

加水分解コラーゲン…肌への吸収を良くするため分子が小さくされたコラーゲン。保湿と保護効果があります。

 

マンダリンオレンジ果皮エキス…柑橘類の皮から抽出されたエキスで、肌の透明感をアップさせ、肌の表面を整えてバリア機能を取り戻します。

 

ラウリン酸ポリグリセリル−10…非イオン界面活性剤で高い乳化作用を持っており、化粧品の安定作用の維持にも使われます。主に化粧品、シャンプーに使われており、皮脂に類似した成分で保湿効果も持っています。
食品にも用いられる安全性の高い界面活性剤です。

 

ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム…ヒアルロン酸の洗い流すとすぐに落ちる弱点をカバーした成分。イオンの力で洗い流しても肌に留まって保湿効果をキープします。

 

ヒアルロン酸Na…目薬など医薬品にも用いられる成分。動物性と微生物を用いて作られます。皮膚の水分をキープする働きがあります。

 

発酵ローズはちみつ/ハチミツ発酵液…バラのハチミツを発酵させた成分で、ハチミツ内のグルコン酸に古い角質を分解して肌のサイクルを整え、色素の沈着改善も期待されます。

 

ユズ果実エキス…ユズの果実から抽出されたエキスでセラミドに近い構成の成分です。肌の細胞の状態を整えます
チャ葉エキス…茶の葉の抽出物で、消炎や収れん、抗酸化作用があります。

 

セレブロシド…動物の筋肉、神経組織に含まれる天然セラミドを精製したもの。セラミドの合成を助ける。

 

オウゴン根エキス…シソ科植物のコガネバナの根のエキス。抗炎症作用、アレルギー、紫外線の吸収作用があり、肌荒れの防止とトラブルを防ぐ効果があります。
ノイバラ果実エキス…ノイバラの果実からの抽出成分で、紫外線の吸収を抑え、肌荒れを防止します。

 

ローヤルゼリーエキス…ビタミン、必須アミノ酸、ミネラルを豊富に含でおり、自身が持つ保湿成分を肌に保持する高い力を持っています。

 

メマツヨイグサ種子エキス…抗炎症、収れん作用、メラニン精製抑制、消臭、抗菌などの効果を持つ成分を含み、高い抗酸化作用を持っています。

 

セイヨウトチノキ種子エキス…化粧品には抗炎症と収れん作用で使われている成分。医薬品でも概要のかゆみ止め、痛み止め、シップなどに用いられます。

 

ヘマトコッカスプルビアリス油…アスタキサンチンの名前でも知られる、エビやカニ、サケなどの赤色の色素。高い抗酸化作用で皮膚のバランスを整える作用があります。

 

ダイズ種子エキス…大豆から抽出される成分で、女性ホルモンと同様の働きをするイソフラボンの効果で化粧品としてニキビの改善など美肌効果が期待できます。

 

プエラリアミリフィカ根エキス…プエラリアミリフィカ根より抽出され、女性ホルモンと同様の働きをするイソフラボンと、植物性のエストロゲン、ミロエステロールを含んでいて肌のハリの改善に効果があります。

 

アスコルビン酸Na…ビタミンCナトリウムとも呼ばれ、抗酸化作用や美白作用を持っています。飲用、化粧水両方で効果を発揮する成分です。

 

ザクロ果実エキス…化粧品の成分を浸透させ、コラーゲンの生成を活性化させます。
肌荒れを防いで、美白の効果が期待できます。

 

ハチミツ…ビタミン豊富で殺菌作用を持ち、外傷の治癒を早める効果があります。ニキビの改善やシミの改善、保湿効果で肌の乾燥も防ぎます。

 

オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル…角質を柔軟にして汚れを落としやすくし、肌の状態を柔軟に維持します。

 

スクワラン…サメの肝臓に含まれる成分で、肌への浸透性が高く保湿効果にも優れた成分で、ターンオーバーを促す効果もあります。

 

ニンジン根エキス…オタネニンジンの根を蒸して乾燥させて精製されたエキスで、収れん作用やバリア機能の改善に効果があります。

 

オプンチアフィクスインジカ茎エキス…ウチワサボテンの種子の植物油で、保湿効果があります。ビタミンEと必須脂肪酸を豊富に含んでいて肌の調子を整えていきます。

 

ミツロウ…ミツバチの巣を構成している成分で、保湿力や柔軟性が求められるクリームや口紅に多く使われます。また成分を安定させる乳化剤としても用いられます。

 

ダイズ油…大豆から抽出される油脂で、食用でもおなじみ。
リノール酸を豊富に含み、肌を柔らかくして保湿とひび割れのケアや肌の代謝を促して若々しく保ちます。

 

(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル…敏感肌用の化粧品に多く使われる植物性の界面活性剤でベヘン酸はショートンングの原料として食品として利用されることが多い成分です。

 

(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル−10…植物性の界面活性剤

 

DPG…化粧品の基剤として使われる成分で、防腐作用と単体でも保湿の効果があります。肌が敏感な人には少し注意が必要な可能性があります。

 

ポリグルタミン酸…納豆に含まれる天然アミノ酸で、保湿効果を持っている成分です。肌の健康効果の回復が期待できます。匂いはありません。

 

アルギン酸Na…昆布など海藻類のネバネバ成分。食品に多く使われますが、化粧品ではとろみと、保湿効果、角質を保護する効果があります。

 

シアノコバラミン…ビタミンB12として目薬に多く使われ、末梢神経の修復効果があります。化粧品としては保湿効果や赤色の色素としても利用されます。

 

ステアリン酸PEG−5グリセリル…非イオン界面活性剤、水性と油性成分を混ぜ合わせる為の乳化剤として用いられます。

 

ステアリン酸PEG−15グリセリル…界面活性剤、成分を混ぜ合わせ安定させる乳化剤として用いられます。

 

加水分解酵母エキス…核酸、ビタミン類、アミノ酸を豊富に含み、肌の乾燥を防ぎ、細胞の回復を促進して美肌を作る効果があります。

 

ジステアリン酸ポリグリセリル−3メチルグルコース…合成界面活性剤。化粧品を安定させる乳化剤として用いられます。

 

(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー…化粧品に粘性を出して滑らかなテクスチャーを作り、品質を安定させます。

 

クエン酸…梅干しやレモンなどでなじみが深い酸味。化粧品では酸化防止や肌の引き締め効果、キメを整える美白効果が期待できます。

 

クエン酸Na…クエン酸と炭酸水素ナトリウムが合成された成分。肌の保湿と化粧品の酸化を防止する効果があります。

 

(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K…ビタミンC・Eの化合物で、肌の抗酸化作用アクネ菌の抑制、抗炎症作用があります。

 

トコフェロール…脂質に対する高い抗酸化作用で肌荒れの原因の発生を防いで、皮膚のトラブルを抑える効果があります。

 

イソステアリン酸ソルビタン…ソルビトールとステアリン酸から出来ている非イオン性界面活性剤で、化粧品本体の乳化剤、安定剤として使われます。肌を滑らかにする働きもあり、多くの化粧品に使われています。
リン酸…人の体内にも含まれる成分で、歯や骨の生成にも欠かせない成分です。肌の細胞の活性化や、化粧品本体の安定にも効果があります。

 

BG…エタノールやグリセリンよりも低刺激で、化粧品の保湿、抗菌作用によって化粧品を長持ちさせる効果があり、敏感肌の人の使用にも向いています。

 

ポリソルベート60…ステアリン酸、ソルビタン(ソルビトールを脱水反応させたもの)、ポリエチレングリコールを化学合成して作られる非イオン界面活性剤。化粧品を混ぜ合わせ安定させる乳化、石鹸を溶けやすくする可溶化の働きがあります。

 

ペンチレングリコール…肌の保湿作用、抗菌作用があります。低刺激で、安全性が高くパラベンの効果を高めるため、防腐剤の使用量を減らす効果もあります。

 

リン酸Na…化粧品のpH調整剤。安全に使えて敏感肌の人にもおすすめ。

 

PEG−60水添ヒマシ油…主に目薬を始めとした医薬品にも使われている界面活性剤で安全性が高い成分です。60は水分が多い化粧品に用いられます。

 

リモネン…柑橘系の植物に含まれる成分で、香料として使われます。リモネンの香りにはリラックス効果もあります。

 

水…化粧品の基剤として用いられます。

 

フェノキシエタノール…お茶に含まれている成分から抽出された天然の防腐剤です。パラベンを含まない化粧品、自然系の化粧品に多く使われます。

 

マナラホットクレンジングゲルを使用する際の注意点

マナラホットクレンジングゲルは、界面活性剤など表記が気になる成分も植物由来の成分が用いられていて、自然の素材が多く使われています。
化学系の化粧品の成分が気になる人には少し安心の材料になると思います。

 

そして成分が持っている抗菌作用によって防腐剤の使用を抑えています。
ただしフェノキシエタノールについてもパラベンと同様に使用量がきっちりと定められている成分です。

 

天然の成分でも全く刺激が無いということではないため、敏感肌やアレルギーを持っている人は試用の間にパッチテストをして肌に変化がないことを確認して使うようにするのがいいですね。

 

マナラホットクレンジングゲルを使用するメリット

名前の通り、使用時の温感効果で縮んだ毛穴を緩めてくれることから、毛穴の汚れを強い力を使わずに簡単に落とすことが出来るのが魅力です。

 

クレンジングでありながらもダブル洗顔が要らないため、洗顔に長い時間をかけたくない人や、肌になるべく負担をかけたくない人にもおすすめです。

 

多くの保湿成分と肌を柔軟に保つ成分、抗菌作用がある成分を含んでいるので、乾燥肌のカサカサした状態の改善や角質の蓄積でできる乾燥ニキビの改善も目指せますよ!
皮脂が出過ぎる脂性肌の人にも好評です。

 

使用時には少しコツが必要ですが、毛穴をスッキリさせて肌を元気にしたい、肌の健康に必要な成分を補給しながら洗顔をしたい人にピッタリです。

 

このページの先頭へ